お久しぶりです。……暑いです。近況を一言で言うと、夏バテしてます。ただでさえ新刊が出た時くらいしか近況報告をしていないのに、更新が遅くなってごめんなさい。
寒いのはわりと平気なタチですが、暑いのはとにかく苦手で。どれだけ苦手かと言うと、担当氏が毎日天気予報をチェックして『気温30度をこえると霜島さんの仕事が進まないので胃が痛くなります~』と泣きをいれてくるレベルです。この数年の夏が異常なのか、それとも私が年をくったせいなのか……どちらにしても、本格的に暑くなる前に仕事が終わってよかった(とまあ、ここまででお気づきでしょうが、7月に入っても原稿がまだ終わってなかったという……。也さんのイラストの仕上がりのほうが早かったという大変オソロシイ状況でした。しみじみ、8月刊行に間に合ってよかった)。
ともあれ、ルルル文庫で書いてきた桐子の物語もこの下巻で完結しました。あとがきにも書きましたが、今回の『クダンノ如シ』は桐子と志郎がメインだったため、鬼たちの出番がかなり少なかったという、どこが封殺鬼やねんな話になってしまった。鬼たちの活躍を期待してくださった皆様には申し訳ない。あくまでサイドストーリーとしてこういう話もあったということで、勘弁してやってください。
しかしあらためて上中下巻を並べて見ると、『とても封殺鬼とは思えない by 編集部』という也さんの絵の美しさというか華やかさというか。こんな可愛い絵に、どーんと『殺』だの『鬼』だのという字が入っているあたり、いいのかこれ。だって、背景に花が咲いている表紙なんて、一生自分には縁がないと思っていましたよ私は。
あ、でも『カラクリ荘』でもミギーさんが花を描いてくださったっけ。彼岸花だったけど(笑)。
さて今後の予定ですが、この先の編集部との話し合い次第でしょうか。
書くとしたら鬼メインで現代編かとも思うのですが……。ルルル文庫は基本的に男性主人公はNGというのと、いきなり現代の登場人物たちの出てくる話を書くのはルルル文庫からの読者に対してあまりに不親切ではないかとか、そのあたりをクリアしても現代編は一度決着がついているしとか。いろいろ思案している最中です。
ただ、ありがたいのは『封殺鬼の続きを読みたい』と言ってくださる方がいるということ。ここまでやってきて、まだその声を聞くことが出来るのは本当に嬉しいことです。
うん、やっぱり頑張ろう。
あと、近況報告も怠けないようにしないと。
メッセージやコメントをくださる皆様、手紙をくださる皆様も、いつもありがとうございます。励まされています。